五城目コアはAターン人材を積極的に受け入れております!

秋田県五城目(ごじょうめ)町は紅葉も終わりすっかり冬の気配です。十分に暖房の利いた教室(オフィス)から望む冬景色も、なかなか味わい深いものがあります。こちらは全国的な寒波の訪れた11月24日の朝の一枚。

15170834_553381371525936_7203394760737026585_n
「BABAME BASE」のFacebookページより許可を得て転載しております

そんな弊社の5つめの地方拠点・五城目コアでは、現在「Aターン人材」を絶賛募集しております!

※五城目コアについてはこちら

と書いてみたものの、「Aターン」という言葉をほとんどの方がご存じないことでしょう。「Aターン」とは、秋田県へのUターン(地元を離れた後、地元に戻る)・Iターン(縁もゆかりもないところから移住する)・Jターン(地元を離れた後、地元近くの中大規模都市に戻る)の総称。オールターン(ALL Turn)の「A」と秋田(Akita)の「A」をかけた言葉だそうです。つまり、秋田県外から移住する人は、出身者もそうでない人もみんな「Aターン」。

全国で最も人口減少の進む秋田県では、県外からの移住者の受け入れを積極的に行っています。その一つが、「公益財団法人秋田県ふるさと定住機構」の取り組み。Aターンを希望する方と、Aターンを積極的に受け入れたい企業をマッチングする枠組みです。この度、弊社も求人票を掲載していただくこととなりました。Aターン登録をしていただければ求人票を閲覧することができるとのこと。しかも面接の際の交通費の補助もあるとか(上限あり)。こうした就職支援の他、移住の際の引っ越し費用やスタッドレスタイヤの購入費用などに対し補助が出る仕組みもあります。

こうした移住定住促進の取り組みは全国的に拡大しています。実際、「環境に恵まれた地方で暮らし、働く」という選択肢を検討し始める人は、徐々にではありますが増えているようです。人口一万人足らずの五城目町にも3年間で30名弱の移住者が集まり、豊かな自然を楽しむ時間、家族とゆっくり過ごす時間をそれぞれ享受されているようです。

しかし、地方移住のネックは、やはり「仕事」。「本当は地元で子育てしたいんだけど、仕事がないから……」、そう言って都市部での生活を続けている人も少なくありません。実家のご両親が「地元には仕事がないから、帰ってくることはない」と言ってしまうケースもあるとかないとか。

「仕事さえあれば田舎で暮らしたい」、そんな想いに、もしかしたら五城目コアが応えられるかもしれません。のんびりした田舎の快適な環境の中で生活し、集中して仕事する環境を得たい、そんなエンジニアの方がいらっしゃいましたら、ぜひ五城目でのエンジニアライフをご検討いただければと思います(もちろんすでに秋田県内在住の方も大歓迎です!)。オフィスの見学も随時対応しておりますので、まずはご連絡ください

カテゴリー: その他 パーマリンク