給与明細電子化配信サービス WEB給

導入事例 | 給与明細電子化配信サービス

他社製品からの乗り換えもお気軽にご相談ください! お問い合わせはこちらから!

導入事例

給与明細電子化配信サービス WEB給®を導入いただいているお客様の声です
製品に関するお問い合わせは0120-997-853

注:ログイン方法等、不明な方はお勤め先担当者にご連絡ください。

株式会社ビーピーエム アソシエイツ様
株式会社ビーピーエム アソシエイツ様

株式会社ビーピーエム アソシエイツ

株式会社ビーピーエム アソシエイツ様は、外資系企業の日本法人・支社をクライアントとした、会計・給与計算・資金管理などのアウトソーシングサービスを提供する企業です。「WEB給®」を2013年より導入され、クライアントのオプションサービスとして長くご活用いただいております。

御社が給与計算を請け負うクライアントのうち、「WEB給®」は何社でご利用いただいていますか?

現在14社で「WEB給®」を利用しており、給与計算を請け負うクライアントのうち1割程度です。まだまだ紙の給与明細書を希望されるクライアントが多いのが現状です。

給与明細電子化を導入されたきっかけをお聞かせください。

弊社は主に外資系企業日本法人の給与計算や会計を行っています。外国の方は日本で引っ越しをすることも多く、給与明細を郵送しても届かないといった問題を解決する手段として、給与明細電子化のニーズは常にありました。

「WEB給®」を導入された経緯をお聞かせください。

最初は他社製品を導入しましたが、システムの設定がとても複雑で、設定だけで数時間かかる製品でした。また、過去の明細は翌月になると閲覧できなくなる仕様で、使い勝手が悪く苦労していた時に「WEB給®」を紹介いただき、画面がシンプルで複雑な設定もなく、CSVをアップロードするだけの簡単で使い易いサービスでしたので移行し、現在に至ります。

給与明細を電子化されているクライアントと、紙の明細書を発行するクライアントと両方の業務を行うのは大変ではありませんか?

紙で発行する場合は、マネージャーの最終確認や、明細を切り離すといった作業に数時間かかっていますが、「WEB給®」は1時間以内で明細を発行することができますので助かります。

御社のクライアントから「WEB給®」のご意見、ご感想などあればお聞かせください。

つい先日、クライアントから「英語で明細が見られるようになったんですね!」という連絡がありました。支給項目は日本語も英語も設定ができるのでクライアントに合わせ英語で登録していましたが、「明細のテンプレート自体も英語になった」と大変喜んでいただきました。

「WEB給®」は御社と同じような給与計算代行を行う事業会社様に、おススメできる製品ですか?

はい、必要な機能が備わっているシステムだと思います。

明治企業株式会社様
明治企業株式会社様

明治企業株式会社

給与明細書を電子化された理由をお聞かせください。

毎月、総務担当者がタイムカードを集め、給与計算を行う業務で残業が発生するなど、負担になっていました。少しでも業務が楽になる方法がないかと思っている時に、給与明細電子化配信サービス「WEB給®」に出会い、これなら弊社にも導入ができると思いました。

社員・アルバイトスタッフの半分が60代以上と伺いましたが、給与明細書を電子化する際にどのような手順で紙からWebへ移行されましたか?

給与明細書電子化の案内書と合わせて「今後受け取る給与明細は、紙もしくは電子化(Web化)どちらを希望しますか」というアンケートを取りました。その結果、半分以上が現行通り紙での受け取りを希望し、約50名が電子化(Web化)を希望しました。

現状は紙の給与明細書と電子化した「WEB給®」と2パターンでの運用ですが、業務量が増えてはいませんか?

そんなことはありません!「WEB給®」を導入し、紙とWebの2パターンで運用を行っておりますが、約50名分の給与明細書を電子化したお陰で、封詰めや郵送対応を行う作業時間は、約半日ほど削減されていることを実感しています。

また、新入社員や新規のアルバイトスタッフに対しては、最初から「WEB給®」で給与明細を発行することを前提としていますので今より紙で発行する人数は増えません。

「WEB給®」の使い勝手はいかがでしょうか?

シンプルで使いやすいので使い方がわからないことは今はありません。特に弊社では、コメント欄を活用しています。年末調整など全社員向けのコメントと、手当や契約更新については個別コメントを活用しています。全員が「WEB給®」を活用できるようになった際には、社内報機能で、契約書のPDFを添付して案内する方法も活用できるかもしれません。

まだ給与明細を電子化(Web化)していない企業へアドバイスがあればぜひお願いします。

高齢の方ほどインターネットやスマートフォンの操作に抵抗を感じていると思う一方で、「給与明細が電子化(Web化)するこの機会にスマホに買い替えてみる」など積極的にインターネットを使ってみたいという方もいました。高齢者が多い企業だからIT化は難しいと思わずに、企業としては業務が少しでも改善することであれば、積極的にIT化するべきだと思います。

株式会社スタイル・エッジ様
株式会社スタイル・エッジ様

株式会社スタイル・エッジ

ご利用されていた給与明細電子化サービスの終了をきっかけに「WEB給®」に乗り換えていただきましたが、お選びいただいた理由をお聞かせください。

前に利用していたサービスが終了する連絡を受けてから、すぐに他社の給与明細電子化配信サービスを探しました。その多くが、給与計算ソフトや総務関連ソフトのパッケージ製品の1機能となっており、給与明細の電子化に特化したサービスだけで探すと数社しかありませんでした。

4社~5社くらい実際にお試し利用をしながら比較検討を行いました。中でも「WEB給®」は子会社がたくさんある弊社にとってとても使いやすい機能を兼ね備えていたのと、アップロードの手順がとても簡易的だったので、導入を決めました。

「WEB給®」で給与明細の配信を開始されて、使い心地はいかがでしょうか?

給与計算されたCSVデータのアップロードがとてもスムーズに行えます。あと、ログイン履歴があるのがいいですね。配信された給与明細がちゃんと確認されているかを管理側で確認することができるので良い機能だと思います。

紙で給与明細を配布している総務や経理ご担当の方へ、給与明細を電子化して配布できる「WEB給®」のおススメポイントがあればお願いします!

給与明細書は個人情報の最たるもので、印刷された段階で紛失等のリスクが発生するため取り扱いにはとても神経を使います。でも、給与明細書を電子化すると、形のある「印刷物」ではなくなるので紛失の心配はなくなりますし、情報漏洩リスクも大幅に軽減します。このように給与明細を電子化しWeb上で管理できることは、情報セキュリティの観点はもちろんのこと、管理業務が簡素化され、ひいては作業時間の軽減にもつながり、とても助かるものだと思います。

株式会社ちょびリッチ様
ポイントサイト ちょびリッチ

株式会社ちょびリッチ

給与明細の電子化(乗り換え)を検討された理由をお聞かせいただけますか?

他社の給与明細電子化配信サービスを利用していましたが、2018年秋にサービスを終了するとの連絡が来たので、7月頃にそろそろ次に使えるサービスをと探し始め、いくつかの給与明細をwebで配信できるサービスを取り扱っている企業に問い合わせをしていました。

お問い合わせをされた数社の中から「WEB給®」を選んでいただいた理由は?

問い合わせをしてすぐに連絡をくださったのが「WEB給®」の営業担当さんだった事と、すぐにアポを取って来ていただき、実際にサービスが動くデモを見て説明を受けました。

デモで「WEB給®」の画面を見た時に、操作がシンプルで管理者の使い勝手を考えたシステムだなと思いました。あとは、営業さんの分かりやすい説明と、熱意があったからですね!

「WEB給®」に移行して良かった点、逆に良くなかった点もあれば率直にお聞かせください。

新しいサービスやシステムに移行するときの懸念点は、社員へ新しいサービスのURLとアカウント情報を周知することが手間だと思っていました。何十人の社員、一人一人にメールを作成して送る必要があると思っていましたが、「WEB給®」は社員情報を登録すれば、一斉メールで一人一人にアカウント情報が配信できました!これは他社のサービスにはなかった機能なので乗り換えがスムーズで大変助かりました!!

操作が難しかったり、画面が分かりにくいとスムーズに移行ができないと思っていましたが、デモで画面を見て感じた通り使いやすく、初期設定もしていただけたので、画面上でわからないところもありませんし、操作方法の質問もないですね。いつの間にか、過去の給与データもアップされていて、使いこなしているという感じを受けています。

まだ給与明細を紙で発行されている企業や、乗り換えを手間と思われている企業の経理ご担当者の方へ「WEB給®」のおススメポイントがあればぜひお願いします!

新しいサービスやシステムを導入する時、また他のサービスへ移行する時に一番大きな問題は金額(初期費用・月額利用)だと思います。しかし、給与明細を紙で発行する時間や、労力、そして手間を時給計算して比較すると、すぐに判断ができると思います。それらを大幅に削減できると考えれば「WEB給®」は非常に安く、サービスの乗り換えもスムーズでした。

弊社は現在、40名程度で運用をしていますが、今後数百人以上に社員が増えたとしても、「WEB給®」であれば、給与明細の発行業務の時間は、何ら変わらず「あっという間!」に完了するだろうと思うサービスです!

白馬観光協会 管理本部 総務グループ 滝沢様
白馬観光開発株式会社様

白馬観光開発株式会社

導入を検討した理由を教えて下さい。

電子化する前は、約200名~最大で480名の給与明細を紙に印刷して配布していました。弊社は給与明細の折込等、作業を必要とする時間が約2日、2名~3名のスタッフで行っておりました。

紙の発行から個人への配布までの作業を軽減したかったのと、作業に要する時間を削減することで、他の業務の効率を上げたかったためです。

数ある給与明細電子化サービスの中から、「WEB給®」を選んでいただいた決め手は?

価格が良心的かつ、ハイスペックと感じたからです。安価のわりに機能が良いと思います。今後グループ内でも展開したいと思っており、金額面は重要なポイントとなります。

「WEB給®」を導入して、業務は改善されましたか?

実際の稼働をこの冬に控えているので、現状は把握しきれていませんが、確実に工数が減ると期待しています!2~3名で2日かかっていた工数が、1時間以内で終わると思っています。

また、給与明細を電子化することで、スタッフへの渡し忘れや、紛失、個人情報の流出リスクを回避することもでき、郵送に係る費用(明細の用紙代、切手代、封筒代、印刷トナー代)も削減できますね!

給与明細を電子化していない企業へのアドバイスを一言お願いします。

弊社のように複数拠点があり、給与明細書を紙で配布されている場合には、電子化すれば、色々なことが削減されます。作業工数や、明細書に係るコストなど、その分の時間を他の業務に充てることができます。是非お薦めしたいです!

株式会社ユニハイト様

株式会社ユニハイト

導入を検討した理由を教えて下さい。

組織体制変更があり業務が多忙になってきたので、減らせる業務として給与業務の業務簡略化が課題となったためです。

数ある給与明細電子化サービスの中から、「WEB給®」を選んでいただいた決め手は?

ユニハイト社の顧問ITコンサルタントの方から数多くある給与電子化サービスの中でも、サービスの信頼性と導入実績がある「WEB給®」を勧められ、導入前テストを行った結果、非常にシンプルに導入できると判断したためです。

「WEB給®」を導入して、業務は改善されましたか?

給与明細の発行業務が1/6以下になりました!

給与ソフトからの給与明細書の発行、紙の給与明細書用受領専用封筒への日付記載、給与明細書の封筒詰め、そして各拠点への発送業務がなくなり、給与業務に費やす時間の大幅な改善につながっています。

給与明細を電子化していない企業へのアドバイスを一言お願いします。

まず給与明細電子化がどういうものなのかを理解することだと思います。理解するためには、実際のサービスを試験的に使ってみて、その会社に合うかを判断すればよいのではないでしょうか。弊社もテスト運用を始めてみると、業務量の大幅な効率化が可能になることが実感できたため、直ぐに導入に至りました。

ミナトホールディングス株式会社様
ミナトホールディングス株式会社様

ミナトホールディングス株式会社

導入を検討した理由を教えて下さい。

ISOの取り組みの一環として給与明細書もペーパーレス化を検討したのがきっかけです。

「WEB給®」の担当営業さんがデモンストレーションで来社したとき、実際に画面で「WEB給®」を見て、パソコンに不慣れな人が操作をしても簡単に使えると感じました。また、給与ソフトや明細項目が変わった時も、こちらで設定ファイル(定義ファイル)を書き換えるだけで修正ができると聞き、導入後の運用も簡単だと感じました。

「WEB給®」を導入して、業務は改善されましたか?

以前は複写式でシステムに沿った給与明細書を発行しており、年間1200枚の紙を消費していましたが、それがまず0になりました。

また、横浜と東京に営業所があった時は、給与明細書を2ヵ所に配送していましたので、封入作業の工数と、郵送コストが0円になりました。

こうした給与明細書の発行から仕分け作業、郵送コストを合わせて削減した工数を計算すると、年間で約21時間分の工数を削減できています。「WEB給®」を使い続けている今では、どんどん処理を行う作業が早くなっていますので、もっと工数が減っていると感じます。

給与明細を電子化していない企業へのアドバイスを一言お願いします。

給与明細書を電子化すると、作業量や手間を軽減できます。コストを大幅に削減できます!この一言に尽きます。

株式会社ビルテック様

株式会社ビルテック

導入を検討した理由を教えて下さい。

「WEB給®」導入前は給与ソフトから給与明細書をPDFに変換して、全社員へメールにそのPDFを添付して配布する形を取っていました。しかし社員が増え、給与明細書を作成する作業ボリュームが増えてきたため、給与明細書の発行と手渡しに関する作業をweb化して削減したいと考えました。給与明細の配信サービスを数社、比較検討した結果「WEB給®」を導入しました。

導入して良かったことを教えて下さい。

給与明細書を発行する際の工数を減らす目的を達成できたことです。
また、毎月同じ操作で給与データを簡単にアップロードできるので、間違いもなく、楽に作業できます。「WEB給®」は使い方の説明やメンテナンス、アフターサービスがしっかりしているのに、月々のランニングコストがとても利用しやすい価格設定で助かります。今までシステムの問題もなく、簡単に給与明細書を発行することができています。

実際に工数がどれくらい減りましたか?

【導入前】給与ソフト → 給与明細書PDF作成(人数分)→ メールにてPDF送信(社員全員分)
【導入後】給与ソフト →公開日時を指定して 「WEB給®」へ給与データのインポート→「WEB給®」側で社員に配信

この通り、給与明細書の発行から配布までを一度に行えるようになりました。 時間的には、導入前には約1時間掛かっていた作業が、約10分まで短縮しました。

導入してもっともよかったところを教えて下さい。

大幅な工数削減です。毎月決まった作業なので手間が省けて、非常に助かっています。操作内容が分からなかったときや、明細の項目が変更になったときも「WEB給®」担当者のサポートが迅速で助かります!

株式会社ブライト様
株式会社ブライト様

株式会社ブライト

導入を検討した理由を教えて下さい。

社員20名に毎月紙で給与を手渡ししていたが、弊社部門(工事部、営業部)が現場に張り付きの事が多く給与支給日に手渡すことが難しかったので、給与明細書の電子化を検討しました。

導入して良かったことを教えて下さい。

給与支給日に確実に社員の手元に給与明細が届くので、明細を見て確認をしてもらえるようになりました。

実際に工数がどれくらい減りましたか?

紙明細の時は、外に出っぱなしの社員との受け渡し事前調整や、場合によっては待機する時間がありましたが、調整や待機で使う時間が無くなったため、その工数削減は経理担当者にとってかなりストレスがなくなったと思います。

導入してもっともよかったところを教えて下さい。

システム上で社員への公開時間を設定できるので、作業時間を気にするストレスからも軽減されました。
また修正の際にも、データの修正⇒紙で再発行⇒郵送という手続きを行っていたので、この手間がかなり軽減しました。

オブジェクティブグループ様
オブジェクティブグループ様

オブジェクティブグループ様(グループ3000名でご利用)

導入を検討した理由を教えて下さい。

経理担当や、総務担当の作業ボリュームが増えてきたため、何か工数を減らすことができないかとの社長の判断から、最も原始的な手作業をしていた給与明細の発行に関する工数を削ることになりました。
給与明細配信サービスを複数検討した結果「WEB給®」を導入することになりました。

導入した決め手はどのような部分でしょうか?

1つのシステム(サイト)で複数社の明細を配信できるサービスが「WEB給®」しかなかったのが一番の決め手です。支払者の情報を分けられることが良かったです。
また、ウェブインパクトの担当営業が自社に合った形での運用の相談に乗ってくれたことも良かったです。

導入して良かったことを教えて下さい。

経理担当や、総務担当の工数を減らす目的を達成できたことが良かったです。
また、データインポート作業が毎月全く同じ作業でアップできるので、間違いもなく、楽にできることも良かったです。 郵送事故の心配もなくなりました。

実際に工数がどれくらい減りましたか?

明細を印刷して、折って、封筒に詰めて、切手を貼る作業が、1グループあたり2人がかりで丸1日分(8時間)はかかっていました。グループ全体では10人日以上の工数が必要でした。
また、社員の9割は切手を貼って郵送していたので、切手代だけで10~20万円くらいかかり、封筒代、紙、インク合わせて20万円くらいの費用がかかっていました。
プラス人件費で40万円くらいの費用が必要でした。

「WEB給®」導入後は毎月10万~15万円くらいで明細を発行できるようになったため、金額面でも効果があり、担当者は余った時間を別の業務に充てられるようになりました。

導入してもっともよかったところを教えて下さい。

大幅な工数削減に尽きます!
紙代、切手代など実費がゼロになり、一人分の人件費が浮く位効果がありました。
その分で人材募集の広告が出せるようになりました。

ページの先頭に移動