給給与明細電子化配信サービス WEB給

よくあるご質問 | 給与明細電子化配信サービス

よくあるご質問

給与明細電子化配信サービス WEB給に関してよくある質問をまとめました
お電話でのお問い合せは 0120-997-853

導入にあたって

どんな明細に対応してますか?

給与明細、賞与明細、源泉徴収票に対応しています。

セキュリティはどうなってる?

個人ごとのID、パスワード設定に加え、SSLでの通信を行っています。
また、PDFにはパスワードを設定することもできます。

対象ブラウザは

IE8以上を推奨しております。

どの給与計算ソフトに対応していますか?

給与計算されたデータがcsvで準備できればどのソフトでも利用可能です。
ソフトを使わず、エクセル等で運用している会社様でも利用頂けます。

パソコンを持たない社員がいるのですが?

スマホ、携帯からの閲覧も可能です。
またPDFは管理者が印刷することもできますので、印刷して渡すことも可能です。

何人くらいからメリットがありますか?

人数が少ない会社でも、自社で給与明細を印刷、封筒詰め、郵送等行っている場合は効果を発揮します。
20名ほどの社員の明細発行でご利用頂いているお客様もいらっしゃいます。

機能について

社員へのログイン情報の伝えかたは?

メールアドレスがあれば、自動的にログイン情報のメールを送ることができます。

社員がパスワードを忘れたら?

メールアドレスが登録されていれば、社員自身で再発行の手続きが行えます。

明細はどのように配布されますか?

PC、スマホ、ガラケー全てからWEB上で閲覧ができます。
またPDFのメール配信も可能です。

明細は印刷できますか?

明細はPDF化されるので、印刷が可能です。

過去の明細も閲覧できますか?

はい、過去2年分の明細を閲覧することが可能です。

明細をローカルPC保存できますか?

PDFファイルを保存しておくことが可能です。

社員が閲覧したか確認できますか?

社員のログイン履歴を管理者が閲覧することができます。

グループ会社への配信はできますか?

はい、複数の支払者情報を登録できるので、配信可能です。

グループ会社によって給与の配信日が異なります。

明細単位で配信日時を設定することができます。
社員とアルバイトといった単位でも発行日を分けることもできます。

源泉徴収票の配信には対応していますか?

はい、国税庁指定のフォーマットにて配信できます。

PDFのメール送信を、スタッフごとに指定できますか?

メール配信機能は、管理者が明細ごとに「送信するか否か」、社員が自身で「受け取るか否か」(管理者も変更可能)をそれぞれ設定でき、共に「送信する」「受け取る」の場合にのみ配信されます。
管理者が「送信しない」を選択した明細は、全社員にメール送信されません。

管理者側で、個々の社員への配信を制御したい場合、
・管理者画面で社員の配信設定を「受け取らない」に変更する
・送信したくない社員の明細をまとめて、「送信しない」設定でインポートする
などの方法で実現可能です。

平成28年版アップデートについて

どんな点が変更されていますか?

平成28年に、源泉徴収票の書式が大きく変更されました。
用紙のサイズが大型化したことと、項目の大きな変更が特徴です。
「WEB給」の今回の更新では、この新しい源泉徴収票書式への対応と、オプション機能としてマイナンバー対応機能の追加を行っております。

新しい源泉徴収票はいつから使われますか?

平成28年1月1日以降に支払われる給与から、新しい書式の源泉徴収票の対象になります。

定義ファイルは変更されますか?

源泉徴収票の書式・掲載内容が変更されたため、定義ファイルの書式も変更されます。
「WEB給」ご利用中のお客様には、定義ファイルの解説やサンプルファイルをご用意しておりますので、作成時のご参考としてください。
また、個々の項目の具体的な記載方法につきましては、国税庁の以下のファイルをご覧ください。

「平成28年分給与所得の源泉徴収票の記載のしかた」
https://www.nta.go.jp/mynumberinfo/jizenjyoho/hotei/pdf/hotei1_1_2.pdf

「WEB給」のマイナンバー機能とは?

従業員とそのご家族のマイナンバーを登録したうえで、それを掲載した源泉徴収票を印刷する機能です。
支払者番号の掲載も可能です。
税務署提出用源泉徴収票など、マイナンバー掲載が必要なケースを想定しています。
もちろん、マイナンバーを掲載しない源泉徴収票も印刷可能です。

従業員用の源泉徴収票にマイナンバーは掲載されますか?

従業員配布用の源泉徴収票には、当初はマイナンバー記載が必要とされていましたが、2015年10月に、記載不要に変更されました。
「WEB給」でも、従業員に公開される源泉徴収票にはマイナンバーは記載されません。
詳しくは国税庁の以下リリースをご参照ください。
https://www.nta.go.jp/mynumberinfo/pdf/mynumber_gensen.pdf

なぜオプション提供なの?

マイナンバーは特定個人情報のため、「WEB給」をはじめとする外部サービス上で取り扱う場合、契約内容やお客様の社内ガイドライン、サービス自体の取扱方法などが複雑化する可能性があります。
そのため、デフォルトでは提供しないことで、機能が不要なお客様にとって従来通り手軽に扱える形としております。

マイナンバー機能の費用は?

マイナンバー機能は無料でのオプション提供となります。
いままでのお客様も、新規のお客様も従来通りの料金でご利用いただけます。

マイナンバーの登録・削除について

手動編集またはCSVなどのファイルによるインポートが可能です。
登録したマイナンバーは、一定期間経過後に自動削除される仕組みです。

E-TAX用のXML書式は使用できますか?

国税庁より、平成28年版源泉徴収票の電子書式は平成28年後半に発表予定のため、それまでは紙ベースで処理を行って欲しい、との回答を頂いております。
「WEB給」のXML書式への対応も、発表以降に行う予定です。

お問い合せはこちら
お電話でのお問い合せは 0120-997-853
ページの先頭に移動