ウェブインパクト
インターンシッププログラム

株式会社ウェブインパクトでは、就活生を対象とした「インターンシッププログラム」を実施しています。弊社独自のプログラムを通して、一人でも多くのITエンジニアを社会に輩出し、活躍できる育成を目指しております。

代表メッセージ

エンジニアは「職人」

ソフトウェアエンジニア不足はすでに始まっており、社会全体の大きな問題です。しかし、人材が不足しているからと言って、誰でもソフトウェアエンジニアになれるわけではないのです。学生のうちに実際に使われているテクノロジーに触れ理解することで、ご自身の職業として合っているのか?いないのか?その見極めができるのが「インターンシップ」だと思います。

創業から20年以上が経ちますが、今までさまざまなお客様のニーズや、問題解決をITを活用して解決してきました。その場面、場面を思い返すと、ウェブインパクトのエンジニアたちは最先端の情報に常に敏感で真の「職人」だと実感します。「好きこそ物の上手なれ」と言いますが、この言葉はまさに弊社のエンジニアたちだと思います。仕事だからエンジニアという職業に就いているのではなく、心底テクノロジーが好きなエンジニア集団です。弊社のインターンシップに参加したことがきっかけで思ってもいなかった「職人気質」に気づき、そして私たちと一緒に本物の「職人」になる学生と一人でも多く出会えることを願っています。

取締役ファウンダー 高柳寛樹

上司・先輩社員から

ウェブインパクト東京技術開発部 部長
東京技術開発部
部長:諸石

弊社のインターンシップには、やはりITに興味のある学生に来て欲しいです。ITって聞くとプログラミング言語を扱える、理解していないと受け入れてもらえないと思っている学生が多いのですが、そうではなく、生活の中で動いている「IT」に興味を持っている人という意味です。例えばSNSとか。電子マネーとか。そういう身近な事に興味を持つ視点が大事だと思っています。

ウェブインパクト豊橋技術開発部 部長
豊橋技術開発部
部長:木村

豊橋コアでは、ITで地域の皆さんを便利にするシステムを多く手掛けています。インターンシップとは「学生の社会経験の場」だと考えていますので、どんなシステムが人々の役に立つのか?利用する方の生の声を間近で聞き、それらをITでどのように実現することができるのか?という場面に立ち会う体験をしてほしいと思っています。


豊橋技術開発部
エンジニアより

ウェブインパクトでは、ウェブシステム作成に必要となる先進技術を積極的に取り入れ、プログラミングに活用することで社員の成長に繋がっています。IT技術を駆使した地域の一体感を育てる社会貢献活動も行っています。インターンシッププログラムでも、先進的な技術でプログラミングを楽しめる環境があり、さまざまな知識や経験を学んで欲しいです。

プログラムの紹介

ウェブインパクトのインターンシッププログラムには、1日完結型の「1dayインターンシップ」と、主にアルバイトスタッフとして契約をし、ある一定期間、実務経験を行う「長期インターンシップ」の2種類がございます。

それぞれ選考方法が異なりますので、下記詳細よりご確認ください。

1dayインターンシップ

1日完結型の「1dayインターンシップ」は、弊社社員が講師となり、最新IT技術や弊社で実際に使っているツールを用いたプログラミングをハンズ・オンで体験できるプログラムです。実際にプログラミングを行う事で、ITエンジニアの仕事を体験できます。

エントリー方法

※20卒向け開催日時は未定です。決定次第、お知らせいたします。

インターンシップ【長期】

ある一定期間、弊社とアルバイト契約(有償)を締結し実際のプロジェクトを通して、ITエンジニアの業務を経験するプログラムです。

1dayインターンシップとは異なり、弊社のアルバイト採用と同等の選考基準を設けております。(下記フロー参照)

また、学生の方は、学校の単位認定にも対応することが可能です。

インターンシップ(長期)の採用フロー

エントリー方法