プレスリリース

ウェブインパクト、位置情報アプリのプラットフォーム「ロケつく」を利用した京都観光ガイドアプリ「京都コンシェルジュ2014-2015」をリリース
~ルート案内や、最新情報の確認が可能に~

2014年12月4日

株式会社ウェブインパクト
代表取締役社長:高柳寛樹

株式会社ウェブインパクト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高柳 寛樹、以下 ウェブインパクト)は、京都の観光情報アプリ「京都コンシェルジュ2014-2015」をリリースしました。

■「京都コンシェルジュ」について
<1,800箇所を幅広く収録>
お寺・神社・美術館だけでなく、魅力的なお店、美味しいレストラン、代表的な散歩道など「京都の主要スポット1,800箇所」を幅広く収録し、それらを全て地図上にポイントしました。路地奥のお店も実際に訪問して位置を正確にポイントしています。

また、通常の検索だけでなく、「京都コンシェルジュ」の名前通り、ユーザ目線を大切に考え、早朝参拝のできる寺社、夜中の24時以降まで開いているレストランなど便利な検索メニューも盛りだくさんに備えています。
さらに「定休日お知らせ機能」により、「近くまで行ったけどお店が見つからない」「せっかく行ったのにお店が定休日だった」などの失敗がなくなるよう工夫しています。

<花・イベント情報>
今、どこの寺社でどんな花(桜・紅葉以外)が咲いているかがワンタッチでわかる「花情報ページ」では、紅葉や桜のシーズン中は有名ポイントの色づき情報、開花情報を毎日更新。また、指定日から1週間の間に開かれる京都の主要な寺社のイベント、手作り市などがリストされる「イベント情報ページ」もあり、今どこで何をやっているかが一覧で見られるようになっています。

<ルート案内>
「紙」の観光情報では出来なかった、現在地から観光スポットへのルート案内も一発検索できます。現地での移動も困りません。

<プラットフォームには「ロケつく」を利用>
「京都コンシェルジュ」は、同社が販売している、位置情報アプリのプラットフォームである、「ロケつく」ベースに開発・運用されています。
「ロケつく」の詳細はこちらから
http://www.webimpact.co.jp/lctk/

「京都コンシェルジュ」
http://www.webimpact.co.jp/kyoto/
iOS: https://itunes.apple.com/jp/app/jing-doukonsheruju-2014-15/id941229661?mt=8
android: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.webimpact.android.kyoto2015

お問い合わせ先

株式会社ウェブインパクト
担当:マーケティング部 宮脇 学
電話:03-3526-6360
ウェブからのお問い合わせは:https://www.webimpact.co.jp/contact/